読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の日に

母の日に、母に感謝などしない。お母さんありがとうとか言わない。何も買わず、会いにも行かず、電話もしない。

 

「君君たり、臣臣たり、父父たり、子子たり」ということ、「親として・親らしさ、母として・母らしさ、子として・子らしさ」は役割のことであり、人の本性ではない。女性と母性は別。


産み育ててくれたことを決して親に感謝しないのが親孝行。親も他人。子も他人。


そう思う自分に育ててくれたことに感謝。

 

母の日に、定型化された母と子の関係の強制に苦しむ母と子を思う。そんなもの崩れてしまえばよい。