ヴァルネラブルな世代

ヴァルネラブルということを考えている。

新幹線で刺殺された方は、まったく同じ時に同じ大学で時を過ごした方で、机を並べた知人もいるらしい。

事件にあうのは偶然で、怖いね、運だよね、何と出くわすかわからないもんね、と人々は言う。

そうだろう。でもそうだろうか。

大江健三郎の小説には、「ヴァルネラブル」という言葉が出てくる。“Vulnerable” 、脆弱さや傷つきやすさ、攻撃されやすさのことだという。

贖罪の羊のように。

大江の小説では、ヴァルネラブルな人々は社会の歪みや矛盾を引き受け、不寛容さを浴び、人間的な脆弱さをさらけ出してアンチクライマックスな崩壊を迎えることが多い。

そんなヴァルネラビリティーを描くのが大江健三郎の文学だと思う。そして大江のいくつもの作品では、ヴァルネラブルな人の類型が探られてきた。

答えはない。でもヴァルネラビリティーは偶然ではなく、世代や、年齢や、環境や、職業に大きく影響されるのではないか、と思う。(大江はミドルクライシス・中年の危機をよく挙げていた)

飛躍していえば、僕たちは「ヴァルネラブルな世代」なのではないか。

ヴァルネラブルなことは、悪いことではない。ヴァルネラビリティーは、可塑性、可変性、共鳴性、協調性などにも通じる。

社会起業家というものが、ソーシャルセクターに身を置き社会のために何かをしようという動きが、したたかな足腰をもって立ち上がったのは今の30代半ばの僕に近い世代だと思う。

冷戦終結バブル崩壊阪神大震災やオウムや神戸の事件や、年齢別に出来事をひもといて世代論をするつもりはない。でももし、僕たちがそんな世代史によりヴァルネラビリティーを負っていたとしたら、その脆弱さをお互い補填しあおうと、社会に向けた目を育んだのは当然なことだろう。

ヴァルネラブルであるのなら、これからも何かの形で贖罪の羊が出るのだろう。でもその脆弱さを恐れず、むしろ依り代として、後生にもヴァルネラビリティーを伝えられるようでありたい。ヴァルネラブルな人々を認め合えるようでありたい。

そんなことを思いました。

f:id:tetsuji178:20150321022030j:plain

不妊から、ワークライフインテグレーションとか家制度打破とか・・

 

f:id:tetsuji178:20180415002130j:plain

ライフサカス(UMU)のお二人から、不妊のお話しを聞いてきました。

umumedia.jp

 

不妊治療は身近にも取り組んでいる人がいるし、自分は不妊治療が実って産まれたんだよって知人もいるはず。だけどあまり語られない(語りにくい)ので、関わる人が多い割には認識されていない(西部さん表現ではサイレントダイバーシティー。見えない多様性ってことですね。)ということをつくづく感じました。

 

SOIFでFineの松本さんから不妊のお話しをはじめて聞き、全然知らないことばかりで驚いて、「これって人事課題じゃない??」と興味をひかれていたのですが、昨夜は西部さん黒田さん、他参加者の皆さんのお話しにすごく考えさせられて示唆いっぱいでした。

 

思うことは二つ。

 

まず、ワークライフインテグレーション。

 

日本においては、会社(ワーク)とプライベート・家庭(ライフ)が断絶していて、ワークはライフを圧迫してきた。その中でライフ最優先である不妊治療はとても後ろめたい、言い出しにくい、という話しが出ました。僕の知人でも不妊治療をしていたら「そんなのわがままだ」と会社の人に言われた方がいます。

 

もうそんなの古すぎでしょ。

 

不妊単体では打破できなくても、会社とプライベートの関係をさまざまな攻め口から変化させていくことはできます。パラレルキャリア促進とかも一つ。子連れ出勤とかもいいと思うし、manmaの家族留学とかも面白い。

 

そうやって、断絶しているワークとライフのバランスを考えるんじゃなくて、二つを統合(インテグレート)していくのがこれからなんじゃないかな・・とか思います。そうなっていけば不妊治療についても語りやすい社会になるんじゃないかな。言うは易し行うは難しですけどね。

 

あとワークライフインテグレーションが進めば、もとめられるのはライスワークとライフワークを平行両立させた「パラレルキャリア」ではなく、双方を呼応させ混在させた「ハイブリッドキャリア」なはずとかも思います。(TEDxで「ハイブリッドキャリアのすすめ」(https://youtu.be/CKKmk6938NQ)って話しをしているので我田引水。)

 

そして、家制度の打破。

 

黒田さんが指摘されていましたが、不妊について語られたり教育されたりしていくことで「何歳までに子供を産まなきゃ」みたいな呪縛というか同調圧力が強まるのはイヤだなぁと僕も思います。何歳で産もうが産まなかろうが養子をとろうが、それぞれの選択。

 

相撲の土俵に女性は上がるなという伝統が調べてみればけっこう最近できた制約じゃない?みたいな話しと同じで、古臭いステレオタイプとして示される家族のあり方(ついでにいえば疑似家族としての会社のあり方)も、戦前後くらいにできて高度経済成長期に染み付いちゃったけっこう最近できた制約な気がする。

 

江戸時代どころか明治大正期まで養子とか多かったし。セクシュアリティも当たりまえに多様だったようだし。

 

それを家制度の残滓と表現するのがあっているのかどうかわからないけど、とにかく似非伝統なんて臭い垢と同じでとっとと洗い流せばいいと思います。まあ価値観の変容なのでそう簡単にはいきませんけど。

 

そんな取り組みはLGBT/SOGIの知人たちが前線でがんばっているので、『ジェンダーマリアージュ』や『ゲイビーベイビー』を見つつ一緒に何かしたいし、ポリアモリーには特に可能性を感じています。

 

などとめもなく考えつつ、とにかく不妊治療についてはもっと知られるといいなと思います。そのためにライフサカスのお二人を応援しようと思いました。

 

そしてやっぱり不妊は人事課題だと思うので、産休・育休とかマタハラとかの次には絶対に人事は真面目に考えるべきです。下世話な言い方をすると、次の次あたりのブームはここが来るかもしれませんよ。

表現を待つもの。『谷川俊太郎展』

f:id:tetsuji178:20180325001552j:image

現代詩の先生である文月悠光さんにチケットをいただき『谷川俊太郎展』へ。

 

詩人の頭の中を遊園地にしたみたいな展示が楽しかった。

 

数学って何ですかと聞いたら、「蝿が飛んでいるでしょう、あの飛ぶ軌跡を数式にできるのが数学です」と言われたことがあった。

 

誰にも見えている、でも捉えがたい軌跡を数字という道具で切り取って見えるようにするのが数学なら、詩も同じようなものかなと思う。

 

誰にも見えている、でも意味をなさない人や世界の軌跡を言葉という道具で切り取って見えるようにするのが詩なのかもしれない。

 

世の中は、意味をなさないけれども表現を待っている何かに満ちている。

 

しかし人がたくさん来ていた。詩を好きな人は、こんなにいるのだろうか。

【血塗られた電柱】

f:id:tetsuji178:20180322002440j:plain

時は2011年2月。震災前、リーマンショックからの不況色濃い晩冬の頃。


日立グループにて、西武鉄道駅ナカコンビニの一括採用管理という無謀な新規事業立ち上げに挑んでいた僕は無茶苦茶焦っていた。詰め段階で契約がまとまらない。時間が過ぎるごとに社内の風当たりは強くなっていた。


こういうときは売り上げを作ってしのぐ。というわけで学生マンションの清掃業務を受託してきた(会社はビルメン業)。都内数十棟のマンションの部屋を業者さんに頼んで掃除してもらう仕事だった。


トラブルは土曜の朝。


マンション管理会社が内見に行くと、部屋の鍵が閉まっていた。本当は開けておかないといけない。ミスだった。トラブルは早期挽回。連絡をうけて、この土日に自分で全戸まわって開けてしまおうと思った。


昼に鍵を受け取り、都内を猛スピードでまわりだした。路線図の端から端まで十数駅、急ぎ足でマンション数棟の部屋の鍵を開けて、開けて、開けて。


とにかく必死に駆けずりまわって6割くらいを終えた頃、日が暮れてきた。夜の業務継続は難しい、でもあと少し・・。気が急いて、焦りは最高潮だった。


次のマンションは千駄木にあった。そこと、隣駅の西日暮里の2棟を終えれば、明日はかなり楽になる。やり切らねば。


そう思って千代田線から飛び降りて千駄木駅の階段を2段飛ばしで走り上がり、路上に飛び出て左に曲がって、記憶が飛んだ。


道路に倒れていた。


クラクラする。何がおきたかわからない。どうやら横たわっているようなので立たないと、と思うけど視界がぼんやり。メガネがない。変だなと顔を触るとヌルヌルする。何だこれと手についたヌルヌルに目を凝らすと赤い液体で、血だった。血で右眼が見えない。


それでも立ち上がると、電柱があった。この電柱に激突したのだ。地面に血が飛び散っていた。


メガネを拾い、植え込みに座り、携帯を取り出して119に電話をした。かからなかった。もう一度電話をした。かからなかった。


しかたない。血が滴る右眼をハンカチで押さえて、駅に戻ることにした。改札にいた集団にキャーと叫ばれたけど、「いや大丈夫です、、」と小声で言いながら駅員さんに、「電柱にぶつかって血が出てるので消毒液とか借りられますか?」と聞いたら断られた。トイレで鏡をみたら、瞼を切ったらしい。眼は大丈夫。でも血が止まらないし切れた瞼が妙に白いので病院に行かなきゃ。というわけで駅員さんに近くの救急病院を教わり、歩いて行くことにした。


スマホに変えたばかりだったけど、こんなに地図アプリが頼もしかったことはない。右眼は血だらけ。メガネもかけられない。俯いて左眼でスマホの地図を見てヨロヨロと前に進んだ。右眼を押さえたハンカチからは血が垂れてポタポタとスマホを赤くした。


かなり異常な光景だったろう。道行く人が避けて、歩きやすかった。気が遠くなる道のりだった。出血が止まらなかった。


救急病院にたどり着き、どうしましたと聞かれたので「いやぁ、電柱にぶつかっちゃいまして、、」と言うと、ラッキーですねと言われた。今日の先生は上手いですよ、と

 

若い医師は、もうちょっとで目をつぶっていてもあっち側が見えるようになるところでしたよ、とふざけた後で、瞼を縫ってくれた。1ヶ月はお岩さんですよ、それ以降は傷が残るかわかりません、と言われて病院を去った。


なんだか夢や非現実の世界に来たみたい。さっきまで事業のこと、マンションまわりのことで必死だったのに。

 

電柱に頭を打ったし、出血もしたし、かなりフラフラでぼんやりしていた。もう限界で、タクシーを呼んで家に帰ろうかと思ったけど、仕事をしないとという気持ちが優った。


その時は仕事に、マンション清掃ではなく自分の新規事業を立ち上げることにそこまで必死だった。


何としても事業を軌道に乗せたい。その為にはマンション清掃のトラブル対応で休日がつぶれ脚が棒になろうと、片目が不自由になろうと構わなかった。仕事が命。結局、予定通り残りの3棟をまわり、帰宅した。


右眼の腫れは1ヶ月程で引き、抜糸をしたらさほど瞼に傷は残らなかった。事業立ち上げにあと2歩と迫ったとき、震災が来た。


昨日たまたま友人たちと千駄木に行き、久しぶりにあの電柱に対面した。歩道の真ん中に立っている極めて危険な電柱。この電柱にぶつかって血をなすりつけたんだなと思うと憎たらしいけど、必死だった自分を懐かしくも思う。


電柱に血痕は残っていなかった。

鼻血講義で高校生に人事やダイバーシティやノーレイティングを話してきました

人事ってわかる?ときいてポカーンとされ、バイトしてる人は?ときいてシーンとし、知ってる大企業は?ときいて「よ、ヨドバシカメラ・・」と答えられて、完全に組み立てを間違えた(高校一年生は人事なんて知らないよね)、、と悟った前回のキャリア講義。


またご用命をいただき、正直悩みました。高校一年生には何が面白いのかな。自分に伝えられることは何かな、と。さらにエシカルについての話しは、別枠で村松さんが講義をするので封印だし。

 

手加減しないこと、が結論。

 

高校生向けに薄めたものじゃなくて、全力で人事の話しを。新しくて刺激的なものを情報過剰に伝える。今はわからなくても、残るものが一つあればそれでいい。

 

社会の変化にしたがい、人事・働き方はどんどん変わっている。そんなホットトピックを話して、なんだかいろんな可能性があるんだな、自分にはどんな選択がいいかな、と考えてもらうヒントを手加減なしで投げ込んでくることを講義目的にしました。

 

そのうえで、ダイバーシティの種を植えてこれれば成功。

 

とはいえ、高校生でも人事を自分の身に引きつけてとらえられるように説明の工夫もしてみた。

 

・採用

→部活の勧誘は採用活動

 

・パラレルキャリア

→高校生として勉強しつつ、コンビニ店員のバイトも頑張ればパラレルキャリア

 

・人生100年

→大学に入ったら、同級生に50歳のおじさんおばさんがいる時代

 

・健康経営

→よく寝たほうが勉強の効率がいいので学校がみんなの睡眠の質を測ったりする

 

・1on1

→毎月先生と面談して勉強のこととか気がかりなこととかをざっくばらんに話しあう

 

・ノーレイティング

→試験をやらないで評価をする

 

・会社の枠をこえた人事

→他の学校と行き来して授業をうけたり部活を一緒にやったりする

 

みたいに、人事のトピックを大雑把に高校生活に置き換えてみたんだけど、まあまあ伝わった気がする。ノーレイティングなんて高校生にはわかるまいと思っていたら、「試験をやらないのに評価して成績はつけようって仕組みです」というと共感したようで、たしかに試験なしで評価をしてもらえれば伸び伸び勉強できるかも、でも試験やらないとどう評価していいか難しいよね・・・という利点難点まで感じてくれた子も幾人かいたようでした。

 

その上で、ダイバーシティについて。

 

「たぶんこの教室には日本と近隣アジアの出身者しかいない。セクシュアリティはいろいろかもだけど、みんな同じ制服を着て、みんな髪の毛が黒くて。これはとっても異常。」とあえていってみたんだけど、通じたかどうか。

 

「でもこの教室にアフリカから留学生を迎えて、それでダイバーシティっていうのは違います。」と、異物を外から連れてくる発想の外なるダイバーシティに触れてから、「みんなこの授業に興味をもつところは違う。好きなことも得意なことも違う。個人でも、家と学校とじゃ人間性が違う。そのみんな違うこと、バラバラなんだということを認めて活かすことがダイバーシティ。」と内なるダイバーシティの話しをした。そこが一番伝えたいことだったのだけど、ちょっとでも気に留めてもらえればいいなと思っています。

 

最後に先生から、VUCAな社会で高校時代に何をすればいいと思いますか?とご質問いただいたので、「とにかく基礎的な一般教養学ぶことで、こんなキャリア講座を聞くより漢文とか三角関数とか歴史を勉強してた方がいいと思います。」とアイロニカルな回答をしたけど、先生は妙に満足してくださったので安心しました。

 

高校一年生のみんなにとって、価値ある1時間だったのかどうかはわからない・・。けど、岡田先生(SOIF共同代表仲間にして、進路指導部長様)によると生徒たちの感想文がアツかったらしいので、まあ良かったんじゃないかな。

 

アツかったからかはわからないけど、講義中にいきなり鼻血を噴出した男の子がいて、けっこうな出血量でちょっとビックリ。若さ・・なんですかね。鼻血が出るような講義をした、、といってネタにさせていただきます。

 

講師としては楽しかったし、同じ内容で社会人や大学生とも話しをしてみたいので、機会を作ってみたいな・・とかも思いました。

 

講義の機会をくれた岡田先生、ありがとー。

f:id:tetsuji178:20171126011838j:plain

 

 

 

『学習する組織』とエシカル

アクティブ・ブック・ダイアログ(ABD)という読書法を用いた『学習する組織』の読書会を、高校の大先輩であり『ワールド・カフェをやろう』等の著者である大川さんが催されたので、喜び勇んで参加をしてきました。

 

『学習する組織』を読むのはは5年ぶりだったことと、刺激的で楽しいABDという読書法のおかげでたくさんの気づきがあったため、簡単にメモを。

 

僕のとりくむエシカルという活動は、「影響をしっかりと考える」こと。僕の言葉でいえば「つながりを想い、これからを選ぶ」ことと説明をしてきました。

 

『学習する組織』を読み直していて、エシカルとは「自分自身をレバレッジポイントにすること」ともいえるな、と思いました。

 

社会もしくは世界は、目に見える出来事があり、その下にパターンがあり、その基盤に構造があり、根っこにはメンタルモデルがある・・氷山のようなつくりでシステムとして成り立っています。

 

システムはとても複雑で、神智をもってしても測れるかどうか。

 

そして社会の変化や課題は広く大きくゆっくりゆっくりなので、人の視野ではとらえきれない。

 

私たちはシステムを変えていきたいと願うとき、無力感を覚えどうしていいのかわからないと途方にくれる、、かもしれません。

 

しかし、大事なことは私たち自身もシステムの一部であることと、システムを構成するものは相互に作用しあうということ。

 

すなわち、私たちはしょせん出来事の一部しか見ること、行うことができないかもしれない。でも自分の出来事を変えていくことが、パターンや構造に作用しそれらを変えていき、システムも変化させていくことになる・・・・かもしれない。

 

システム思考などを身に着けて、全体に直接的なアプローチをする人もいるでしょう。でもエシカルはもっと身近で、誰にでもできる。

 

私たちもシステムの一部なのだから、私が変われば世界が変わる。

 

自分の日々の生活・出来事が社会や世界とつながっていること、システムの一部であることを想い、生活・出来事を選び変えていくことで、巡りめぐって社会や世界やシステムを変えていこうとすることが、エシカルなのだと思います。

 

だから「自分自身をレバレッジポイントにすること」なんじゃないかな、と。

 

簡単にいえば、それぞれが買い物など自分の目の前の暮らしをより丁寧にすることで、何か世の中変わるよねというとりくみで、誰にでもできます、きっと。

 

ただ肝心なのは、目の前のことはとても大きいシステム全体とつながっているのだという認識をもつことと、そこから選択をするための自律性をもつこと。これがけっこう大変。僕はエシカルはとても簡単で、同時にとても難しいと思っているのですが、それはこの認識と自律性を身に着けるまでが多くの人にとって難儀だろうからです。

 

この認識や自律性の獲得が、『学習する組織』ではメタノイアや自己マスタリーとして説かれているのかな、と思います。

 

さらに、「自分自身をレバレッジポイントに」して、自分という出来事を変えても、効果的にシステムに相互作用を及ぼすためには他者とのダイアローグが重要になるのでしょう。

 

この、ダイアローグの言葉について。

 

人のもつメンタルモデルや社会のシステムについてのダイアローグを行うときに使われる言葉は、意味を求めあう「伝達の言葉」ではなく、気持ちや感情や意識などそのものを表す「表現の言葉」でなくてはいけないのだろうな、と思います。

 

この「伝達の言葉」と「表現の言葉」の違いについては、現代詩人の文月悠光さんに教わりいろいろと考えているので、また別途まとめてみたいなと思っています。

 

と、いうことを書いてみたけど僕個人のメモ代わりなのでだいぶ曲解や飛躍があるなあ・・と思いつつ、まあ改めて読む『学習する組織』は面白いということが結論になります。

 

f:id:tetsuji178:20171110013031j:plain

ダンス舞台『nulde』とレギオンとダイバーシティ

f:id:tetsuji178:20171104183611j:plain

レギオンとは一人でも大勢の悪魔だという。人にとりつき墓場に住まい裸で凶暴な自傷をつづけていた。イエスを畏れて人から離れ、二千頭もの豚にとりついて崖から落ちて湖で溺れ死んだと、 マルコによる福音書に記される。

 

飛澤初音さんが出演されるコンテンポラリーダンスの舞台『nulde』を観て、ふとそんなレギオンのことを考えていた。

 

舞台は、群舞ながら一人の踊りを表しているように感じた(観た人にしかわからないような感想だけど)。個の獲得と喪失と錯綜と再認みたいな葛藤が表現されているように、僕には解釈が浮かんできて、大勢だけど一人だなぁと思えた。

 

あくまでも僕の解釈であり、そもそもコンテンポラリーダンスや表現そのものの芸術に解釈は必要ないのかもしれないけれど、伝わってくるものが多くていろいろな感情が湧いてとても面白かった。

 

人事では、ダイバーシティという言葉がバズワードになっている。いつも主張するのは、「外なるダイバーシティ」ではなく「内なるダイバーシティ」を見つめる大切さ。

 

俗っぽい説明をすると「外なるダイバーシティ」とは、同質である自分たちの外から異物を連れてくるという発想。女性や、障がい者外国籍LGBTを採用してダイバーシティと呼びましょう、というような行いといえる。

 

対して「内なるダイバーシティ」は、同質と思っていた自分たちでも多様な違いがあり、それを認め活かしていこうという発想であり、さらにいえば個人の中にも多彩な人間性があり、そのさまざまな自分をさまざまな場所に結び付けていこうという取り組みといえる。

 

人のなかには一人ではなく大勢の「何か」が埋まっている。取り出せば二千頭の豚にも相当するような「何か」が(いや、豚だって複雑な内面を持っているだろうけど)。

 

そう考えると、人は誰しもがレギオンを宿しているのかもしれない。

 

「内なるダイバーシティ」に取り組む人は、他人や自分自身のレギオンと対話をすることになり、なかなか危うい、だからこその楽しみもある仕事だなあと思う。一方でダイバーシティを嫌い、同質性や画一性のなかに逃げる人も多くいるけれど、そりゃ悪魔との対話なら怖いよな、、と少し理解もできる。

 

・・なんて徒然に思わせてくれる面白いダンス舞台『nulde』。明日11月5日まで、日暮里d-倉庫です。(完全に宣伝協力です。)

 

twt.stage.corich.jp