読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Our Leader

ci.mycampus.jp

僕ほど、山下彩香という人を揶揄する者もいないと思う。

 

日本発、アジアから事業を興した女性として各処で敬意を払われたとしても、ビジョナリーらしい穴ぼこだらけの人物で、近侍する僕としては雑言の止む間もない。

 

山下さんは何故かキャリアについての取材が多いが、人事・HRを仕事とする僕に言わせれば、大学院をでて勢いで起業して蛇行を続けている人に、聞いて参考となるキャリアがあるとは思えない。キャリアについて話す方も、聞く方もどうかしている。詐欺じみてる。学生諸氏には、真に受けて人生の指針としたら身を誤るので気を付けろと言いたい。

 

そんな雑言を吐き続けながら、もう4年間、山下さんを代表として戴いたEDAYAの一員をしている。

 

僕は独立不羈かつ表裏比興を旨とするので、誰かの下に長く留まることが出来難い。が、4年。リーダーと目した人、仕えた人の中では最長かもしれない。

 

山下さんの凄味はここにあると思う。

 

カネもない。場所もない。仕事も右往左往。ゴールは彼方。苦労と困惑は山積。そんなプロジェクトに、多くのメンバーを巻き込み、それぞれのビジョンとキャリアを育てることを、国境も言葉も超えて、山下さんは成している。だからこそ僕も4年、サーバント役を務め続け、学び続け、なおも飽きることはない。

 

キャリアは一人で作るものではない。関わる人たちと一緒に、その轍を刻むものであろう。山下彩香という人に会うことがあれば、メンバーのビジョンとキャリアを育てる契機をまき散らしながら、自身のビジョンをキャリアも育てるリーダーシップの一端を見てほしいと思う。それに触れてもらうことが、若い人への一番の教育だと思う。

 

2016年は、日本側のEDAYAとしては停滞の年だった。僕も大したパフォーマンスを行えなかった。でも停滞は停滞でよいと思う。走るなかで縺れたものを鎮静化し、次の手を打つことができればいい。

 

気が早いが2017年のEDAYAは、より多くの仲間のビジョンとキャリアが育つ場としたいと、徒然に。