読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦争への皮肉:Re Fashion Asia- by Rebirth×EDAYA

f:id:tetsuji178:20160728224316j:plain

その銃弾は人を殺さず、子供たちが想う友人の笑顔を伝え、古くより人々が心を寄せて描いてきた文化の文様を刻む。

 

それは、戦争に対する最大の皮肉だと思う。

 

憎しみと恐怖によって用いられ、生命を奪い、社会を毀すことを企図して銃弾を作った者たちは、それが鋳つぶされて、友に親しむ心や、先人に馳せる思いを形作るアクセサリーになって、優しさや自らを慈しむために用いられていると知れば、地団駄を踏むのではないか。

 

そんなことを、REBIRTHさんのアクセサリーを見ながら思った。

 

カンボジアの地に落ちている銃の薬莢を原材料に、クメール文化を引用しながら作られた小物たちは、人と人とが認め合わず争うことへ声高な異議を唱えずとも、文化とデザインの力を借りて社会への働きかけを行っている。

 

一人ひとりの持つ多様性、マイノリティ性をエンパワーメントしていくことを、工芸の技巧が凝らされたアクセサリーを通じて伝えようとするEDAYAのアプローチと、それは近しいのではないか、と感じた。

 

「Re Fashion Asia- by Rebirth×EDAYA」、明日までです。

展示会&トークイベント-Re Fashion Asia- by Rebirth×EDAYA

 

またその後も、水天宮前のエシカルペイフォワード店舗では両ブランドの商品を手に取って、購入することができます。

ethical-payfoward.jp

f:id:tetsuji178:20160728224607j:plain