読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【クラウドファンディング達成感謝】山下女史の「がんばります」には「がんば(って稲葉を鞭打ち)ます」の意味もある

エシカル男子日常

EDAYAのクラウドファンディング、達成しました。

f:id:tetsuji178:20150831220344j:plain

ご支援くださった180名をこえる方々はもちろん、出資はできなかったけど応援したよ!という方々も、本当にありがとうございます。

 

クラウドファンディングを見守ってくれた皆さんは、ゆるやかなコミュニティだと思います。そんなコミュニティの後押しを受けて、EDAYAの挑戦をまとめた本を作れるということが、とても光栄です。

greenfunding.jp

 

今回のクラウドファンディング”も”、最終日までもつれ込むドキドキの展開でした。

7月末にひっそりとスタートし、代表の山下彩香さんはそのままアジア各国の行脚に出てしまいました。留守居役プロボノ(?)の僕も、自身の企画や仕事に手を取られて、クラウドファンディングに注力できませんでした。

 

お盆前にこりゃ流石にヤバいと思い、FB等での告知を厚くするなどラストスパートへ向けた下地作りにいそしんで、山下さんの猛追を待ちました。

 

8月第4週、もう最終コーナーに入る頃に山下さんが帰国し、多くの方に支援を呼びかけ、凄まじい追い込みが始まりました。そりゃもう、凄まじい。。

こういう時の山下さんの突進力は、おそらくちょっとした発電所くらいのエネルギーがあると思います。(突進しすぎて、イベントで椅子から転がり落ちたらしいですが。)

 

ただ、ダッシュ時期が遅かったので日本にいる間にゴールに至ることはできず、また山下さんはフィリピンに行ってしまいました。

 

帰国前に、僕に渡されたのが大量のクラウドファンディングのチラシ。「はいっ!」と渡されました。もう日数もないのに、今さらこれを配り歩いてこい・・・と。。

 

「またかよー!」と思いましたね。前回2013年のクラウドファンディングでも、僕は雨降るアースデー@代々木公園で突然「はいっ!」とチラシを渡されて、冷たい雨の中で配り歩いた悪夢が。。

 

思い知りました。山下さんが「クラウドファンディング、最後までがんばります!」と言っているのは、「最後までがんば(って稲葉を鞭打ち)ます!」でもあるのだ、、と。

 

山下さんが日本にいないラストスパートのこの週末は、あちこちを遊説しながらFBのカウントダウン告知も出しながら、、、まあ気が気でなかったです。なにせ残り2日時点で達成率80%、残り1日で達成率85%という、ギリギリの展開でしたから。

 

でも、残り24時間を切ってからの最後の直線の伸びが素晴らしかった。最終日である本日の14時過ぎくらいに達成しました。

 

ここら辺の土壇場力って、実にEDAYA的だなぁ・・・と。

 

そんな訳で、鞭打たれた甲斐もあったというものです。皆さん本当にありがとうございます。皆さんも、EDAYAの仲間です。

 

・・・さて、喜びは一瞬。次は本作りが待っています。

 

編集など未経験に近いので、これからどう進めるか、EDAYAチームで進行を考えないといけません。何とか年内に本をお届けしたい。

さらに、クラウドファンディング達成パーティーもやらないといけません。お世話になった方々へのお礼もあります。

その他にも、通常のアクセサリーブランドEDAYAとしての新作発表や、新機軸のビジネスモデルの確立等々・・・・。

 

まだまだ鞭打たれないといけないことが多そうです。

 

とりあえず改めて、ありがとうございました。

あとEDAYAのメンバーみんな、やったね!本作りがんばろーね!